割れない外れない美容審美歯科セラミック治療の足立区北千住の歯医者

03-5284-8160

Mon: 9:30-12:30 / 14:00-19:00
Tue: 9:30-12:30 / 14:00-19:00
Wed: 9:30-12:30 / 14:00-19:00
Thu: Regular holiday
Fri: 10:00-12:30 / 14:00-19:00
Sat: 10:00-12:30 / 14:00-18:00
Sun: Regular holiday
お問合せ & WEB診療予約

審美歯科

追求し続けて得た美しいセラミック治療

私たちが目指す審美歯科治療

審美歯科治療とは、つめ物・かぶせ物を用いて「歯の色」「歯の形」「歯並び」をより美しくする治療です。そして、患者様の口元のコンプレックスを取り除き、口元に健康と美をもたらす審美歯科は、いつまでも健康的で美しくありたいと願う方のための歯科治療です。

実際に審美歯科治療をお受けになられた方の感想として、「周りから表情がすごく明るくなったと言われた」「人前でよく笑うようになった」「就職活動にとても自信になった!」「接客時にお客様と向き合って笑顔で応対できるようになった」という嬉しいお声をいただきます。

ですが当院の審美歯科は、「美しさ」だけではダメなのです。

しっかり噛んで食事ができ、気持ち良く会話ができるように「機能性」も得られないと当院が目指す審美歯科治療ではありません。患者様にとっては「美しさ」が得られれば他はどうでもいいと思われている方もいらっしゃいますが、それは大きな間違いであり、「審美性」と「機能性」の両方を兼ね備えなければ、せっかく入れたセラミック治療も長く使えなくなってしまいます。またそうした審美的・機能的な解決が患者様の見た目でだけでなく、心の健康にも役立つと考えています。

私たち清水歯科クリニックでは、セラミックマテリアルや接着剤の進歩を最大限に生かし、歯科医師と歯科技工士が密に連携しながら、最小限の侵襲で、天然歯並みに美しい審美治療が実現できます。

なお、セラミック治療は高額であるという欠点がありましたが、その欠点を補うため、優秀な技工士を育成し自社で技工所を持ち作成しているため、他のクリニックに比べ安価で精度の高いセラミックを患者様へ提供できるようなシステムを構築しています。

審美歯科に関するどんな小さなお悩みでも遠慮なくご相談ください。しっかりとお話させていただきます。

当院の審美歯科治療の方程式

プロビジョナルストレーションで完成イメージの共有

方程式1

プロビジョナルストレーションとは、カウンセリングやレントゲン、模型などからの情報をもとに精密に作成した仮歯を患者様のお口の中に装着し、審美性のチェック、咬み合わせのチェックを完成系に近いもので実際に使用し長期間機能するものであるのかを検証し、不具合がある場合は随時改善し、歯科医師と患者様が納得されるまでこの工程を繰り返します。そしてこの工程を「プロビジョナルレストレーション」と言います。

なお当院では、ご希望の方には治療を行う前に、患者様の「理想」をお聞きした上で、模型にて完成形をお見せしています。

美しさの基準・デンタルプロポーション

方程式2

白くキレイな差し歯をつくることが審美歯科治療ではありません。私たちは美しさの基準・デンタルプロポーションに基づきながら、お顔のバランスを考慮した、より精密な審美歯科治療を行っています。

顔貌バランス 正中線を境に左右対称的かどうか。上下の歯の中心が揃うことで顔貌と口元のバランスが取れることになります。
唇とのバランス 笑顔での上の前歯の先端のラインと下口唇とのラインが相似形でスマイルラインが整っているかどうかを確認していきます。
黄金比 前歯が美しく見える基準である「黄金比=ゴールデンプロポーション」に基づき「中切歯(1.618)」:「側切歯(1)」:「犬歯(0.618)」の配列にてバランスのとれた整合性のある審美治療を追求します。
歯の形 歯の形態で口元のイメージが大きく変化します。口周りや隣在歯と合わせ、ナチュラルで美しい形体を作ります。
色彩と質感 くすみのない明るく透明感があり、艶やかな自然なツヤ感で白い色が、もっとも口元を美しく見せます。そして、表面がツルンとした質感であることもきれいな歯の条件となります。
歯ぐき 血色の良いピンク色で引き締まっていることが美しさの条件です。歯と歯の間はシャープに引き締まり、空隙がないことも重要です。中心の前歯2本と犬歯の歯肉のトップの位置を結んだ線が緩やかな弧を描いていることが、美しいガムラインとなり、そして左右対称であると、より美しく見えます。
性別 男性と女性で理想とされている歯の形に違いがあります。その基準を考慮しながら、お一人おひとりの個性に合わせた口元をつくっていきます。
年齢 患者様の好みよって変わってきますが、一般的には年相応の歯の形や歯の色があります。その定義を考慮しながら近づけることで、年齢に合わせた自然な口元を演出します。

顕微鏡による精密審美治療

方程式3

顕微鏡(マイクロスコープ)を併用して治療することにより、歯肉の形成や歯の形成などの肉眼では確認できない部分に至るまで、繊細で正確な審美歯科治療をすることができます。

これにより非常に見た目が良く、耐久性も良い、あなたにピッタリと合ったキレイで美しい歯を作り出すことができます。

セラミック・差し歯のプロフェッショナル

方程式4

セラミック素材やセラミックをつける接着剤の科学的進歩を最大限に生かしたセラミック・差し歯の作製を天然歯なみに美しい仕上がりで提供いたします。

また、優秀な技工士を育成し自社で技工所を持ち製作しているため、他のクリニックに比べ安価で精度の高いセラミックを患者様へ提供できるようなシステムを構築しています。

審美歯科治療別の利点と欠点

素材・治療法 メリット デメリット
オールセラミック

●天然歯のような見た目

●金属アレルギーのリスクがない

●他の素材に比べて硬く、咬み合う歯を傷めるリスクがある

●他の素材に比べて強度が劣る

ジルコニア

●天然歯のような見た目

●金属アレルギーのリスクがない

●他の素材に比べて強度に優れている

●比較的治療費が高い

メタルボンド

●中身が金属のため他の素材に比べて強度に優れている

●比較的治療費が安い

●歯ぐきの変色のリスクがある

●金属アレルギーのリスクがある

ハイブリッド
セラミック

●レジンのしなやかさがあるため硬すぎず周りの歯を傷めるリスクがない

●破損した場合の修復が比較的容易

●金属アレルギーのリスクがない

●他の素材に比べて磨り減りやすい

●他の素材に比べて色調がやや劣る

●他の素材に比べて着色しやすい

ラミネートベニア

●削る量が少ないので痛くない、麻酔は基本的には不要

●歯の色や白さを比較的自由に変えることができる

●自分の歯を削る必要がある

●セラミック製の板を貼り付けるので、違和感がある場合がある

●使っているうちに貼り付けたところが割れたりすることがある

コラボレーション治療

セラミック治療前

治療前

セラミック治療後

治療後

主訴

出っ歯、すきっ歯が気になる

治療内容

部位:上顎左右犬歯~犬歯(6本)

治療法:オールセラミッククラウン(e.max)

治療法:歯肉整形

治療法:ホワイトニング

治療費用

総額:84万円(税抜)

・セラミッククラウン1本:13万円×6本=78万円(税抜)

・ホワイトニング:3万円/2回セット(税抜)

・歯科衛生士による定期メンテナンス:1万円×3回=3万円(税抜)

治療期間

約4ヶ月

こちらの患者さんは、前歯が少し出ていること、歯と歯の隙間があるのを気にされている方でした。
噛みあわせが深く(下の歯が隠れている)、上の歯だけが出ている印象。
歯と歯の間に虫歯も複数みられ、過去の治療で樹脂を使用しているため着色が目立っていました。

また、着目頂きたいのは歯茎が全体的に炎症を起こしており、赤く・腫れていることが分かります。
清掃不良が主な原因ですが、口が開いた状態が続いてしまうことも原因と考え、唇の閉じ具合も考えて適切な歯の形にする必要がある旨をお伝えしました。

まずは歯科衛生士によるメンテナンスにより歯周病(歯肉炎)の治療からスタート。
歯茎の炎症が収まってから、ホワイトニングにより歯の色を白くしていきます。

その間に歯科技工士と相談の上、適切な噛みあわせ・形・色・並びを検討していきます。
歯茎の状態、土台となる歯の色が適切になった時点で、患者さんに理想的な歯の模型をお見せし、同意を得た上で歯を削り、仮歯に置き換えます。

仮歯は通常2~3回取り替えます。
これは、最終的にセラミックの歯(被せ物)にするために口の中で問題が無いか、患者さんが理想とする形であるか、を確認するためです。

仮歯の形が適切でないと歯茎が炎症を起こす、仮歯が割れる、しゃべりにくい、冷たいものでしみるなどの問題が発生しますので、これらを適宜調整・修正するために何度か仮歯を取り替える必要があります。

調整期間を経て、問題が無い・患者さんの理想の形であることが確認できたら、型取りを行い、被せ物を作製し、お口の中に装着して終了です。

オールセラミッククラウンの治療(以下被せ物治療)では、歯を全周削ることになるため、神経症状(冷たい・熱いものでしみる、違和感)が出るリスクがあります。
また、噛みあわせによってはセラミックが欠けるなどの可能性もあります。

症例ケース①

ラミネートベニア治療前

治療前

ラミネートベニア治療後

治療後

主訴

前歯を綺麗にしたい

治療内容

部位:上顎左右犬歯~犬歯(6本)

治療法:ラミネートベニア

治療法:歯肉整形

治療費用

総額:72万円(税抜)

・ラミネートベニア1本:12万円(税抜)

治療期間

約2ヶ月

こちらの患者さんは、前歯の色・形・並びを気にされていました。
術前写真を見て分かるように、少し黄色みがかった歯の色。また歯茎の際のライン(高さ)が左右で異なっている。また、歯の形も経年劣化により削れてしまっている部分があります。

これらを改善するために、ラミネートベニアという治療(以下ベニア治療)を選択しました。

ベニア治療は、つけ爪のような薄いセラミックを用いる方法で、被せ物(クラウン)とは異なり歯の切削を最小限におさめること、また短い期間での治療が可能です。

この症例では併せて歯肉整形を行っています。
浸潤麻酔をした上で、電気メスを用いて歯茎のラインを左右で整える治療です。
これにより左右対称、かつ統一性のある歯・歯茎にすることができます。

ただ、健全な歯を(エナメル質に限局していますが)一層削ることになるため、場合により冷たいものでしみる、などの神経症状が出るリスクがあります。
患者さんの希望される色味・形を目指すために切削量が大きくなることもありえます。

また、薄いセラミックのため、日常生活で噛んだときの衝撃や接着剤の劣化により欠ける・剥がれるといった可能性もあることをご理解下さい。

症例ケース②

オールセラミッククラウン治療前

治療前

オールセラミッククラウン治療後

治療後

主訴

歯の色が気になる

治療内容

部位:上顎 左右犬歯~犬歯

部位:下顎 左右小臼歯~小臼歯(14本)

治療法:オールセラミッククラウン(e.max)

治療法:歯肉整形

治療法:ホワイトニング

治療費用

総額:185万円(税抜)

・セラミッククラウン1本:13万円×14本=182万円(税抜)

・ホワイトニング:3万円/2回セット(税抜)

治療期間

約6ヶ月

術前の写真から、歯が黒く緑がかっているのが分かるかと思います。
これはテトラサイクリン歯といって、過去に風邪薬として用いられていた薬の影響によるものです。
歯が作られる胎児~幼児期に服用することで歯に色が定着してしまうことで知られています。

右上の前歯には保険の被せ物(前装冠)が装着されており、歯の色・形ともにすべてこの機会に治したいとのことで来院されました。

軽度なテトラサイクリン歯はホワイトニングのみで改善を図ることができますが、この症例に関しては、ホワイトニングのみでの改善は難しく、土台となる歯の色をより被せ物を装着した際に影響を及ぼさないことを目的として2回のホワイトニングを行いました。

その後、仮歯への置き換えを行います。
他の症例にも記載したとおり、仮歯での調整・修正期間は非常に重要です。
仮歯は樹脂(プラスチック)の素材なので、セラミックのような透明感はありませんが、「白い歯」を体感してもらうことができるため、完成の理想像を患者さんと煮詰めていきます。

神経症状・不快症状がでる恐れがありますので、経過を良く観察しながら、最終の被せ物を装着するタイミングを見極めます。
この症例では、初診から約半年間の期間を設けています。

他の症例には無いリスクとして考えられるのは、多数歯におけるセラミッククラウンの治療の場合、経年変化による歯茎の退縮があります。
5年・10年と時間が経つことで歯茎が下がってしまう場合もあるため、定期的なメンテナンスでのチェックをオススメしています。